いまさら聞けないディズニーのこと
DIYやガジェットとおでかけ
東京ディズニーリゾート

複数日来園パスポートの発売 メリットある?改悪との声が続出

Pocket

東京ディズニーリゾートより複数日来園パスポートが発売されるとの案内されました。

複数日来園パスポートとは期間中に6回入園できるパスポートでこれまでと違う新しいルールのもとで利用できる新しいパスポートです。

  • 複数日来園パスポートのこれまでと違う新しいルールとは?
  • 複数日来園パスポートにメリットとは?
  • 複数日来園パスポートで入園した時のデメリットは?

って疑問をまとめていきたいと思います。

画像リンク:公式東京ディズニーリゾートHP

複数日来園パスポートの内容

複数日来園パスポート概要

  • 2022年5月から2022年7月3か月間まで月2回、合計6回入園できるパスポート
  • 入園できる時間は10時30分過ぎ
  • 毎月に入園希望日、希望パークを4日選択、結果は後日パーク側で結果を指定入園日2日間を通知される
  • 大人、中人、小人ともに44,400円
  • 複数日来園パスポートのデザインは1種類のみ
  • 土日祝日は複数日来園パスポート対象外
  • 販売期間は2022年3月9日(水)5:00 ~ 2022年3月15日(火)23:59まで

複数日来園パスポート購入方法

  • 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトにて申し込み
  • 顔写真と本人確認書類の画像が必要
  • 購入申し込み期間は2022年3月9日(水)5:00~2022年3月15日(火)23:59まで
  • 申し込み人数がオーバーしたら抽選販売
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 支払期間は2022年3月24日(木)23:59まで(期限が切れたら無効)

複数日来園パスポートの受け取り及び入園方法

  • 複数日来園パスポート受け取りは申し込み時に登録した住所に4月下旬に郵送
  • 入園はキャストによる複数日来園パスポートの顔写真と本人確認

複数日来園パスポートの注意事項

  • 複数日来園パスポートの本人のみ利用可能
  • 複数日来園パスポートの複製・加工・他人への譲渡はできない
  • 複数日来園パスポートの全部・一部の払い戻し・券種の変更はできない
  • 複数日来園パスポートの盗難・紛失は自己責任(再発行は有料)
  • 地震・停電・その他自然災害・交通機能障害などパークの休園・運営時間の短縮もありえる
  • 複数日来園パスポートに関する諸制度・仕様は予告なく変更する場合もある

複数日来園パスポートのこれまでと違う新しいルールとは?

  • 2022年5月から2022年7月3か月間まで月2回、合計6回入園できるパスポート
  • 毎月に入園希望日、希望パークを4日選択、結果は後日パーク側で結果を指定入園日2日間を通知される
  • 複数日来園パスポートの全部・一部の払い戻し・券種の変更はできない

この辺の内容ですね。

月2回、合計6回行けるけど全部消化できる?

一見、コンスタントに毎月2回も行けると思ってしまいますが、実際には必ず希望の日に行けるというわけではなく、希望の4日間のうち東京ディズニーリゾートが指定する2日間になります。

「私はこの月は2日間しか行けないよ」

って人にはつらい選択になります。

人によっては毎週予定が空いているわけではないし、

「日曜日しか行けないけど今月ディズニーに行ける日が1日しかないけど、来月は3回行ける!」

って人も行くかもしれません。

なのでいつでも予定を開けられるって人じゃないとなかなか飛びつけないですね。

指定日の払い戻しができない、日付を変更できない

  • 予定が入ってしまった
  • 怪我をして行けなくなった
  • 子供が熱を出した
  • インパーク日が悪天候予報に!!

なんて不測の事態に陥った場合にあらかじめ決まっているインパーク日の変更やキャンセルはできません。

どうやってもこんなことを予測できるものではありません。

そんな日が訪れたらあきらめるしかないのです。

「そんなことは絶対に起きないよ!」と自信のある者はなかなかいませんよね。

複数日来園パスポートのメリットとデメリット

東京ディズニーリゾートの大人の入園チケットは7,900円から9,400円

恐らく土日と祝日は複数日来園パスポート除外日になりますので7,900円を基本入園料

複数日来園パスポート料金の44,400円ですので

44,400÷7,900=5.62

6回行けば複数日来園パスポートは割安となります。

つまり大人で確実に6回行ける人はお得になりますね。

逆に中人以下だとデメリットになります。

44,400÷6,600=6.72

大人中人小人は同一料金の44,400円。

つまり中人は7回行かないと損します。

もうちょっと価格設定を細かくしてもよかったかと思います。

一応小人も計算すると

44,400÷4,700=9.44

小人は10回行けないと損します。

完全に大人専用の複数日来園パスポートですね。

まとめると

複数日来園パスポートのメリット

  • 年間パスポートと同じデザインなので年間パスポートを持ったような優越感に浸れる
  • 大人で確実に毎月4日東京ディズニーリゾートに行ける人(月に行ける回数は2回)
  • 毎月2日間は確実に入園が保証される

複数日来園パスポートのデメリット

  • 入園する予定を事前に立てて抽選をしなければならない
  • 大人以外6回行けないと損をする価格設定
  • 大人でも6回行けないと損をする
  • すごく安いという実感がない
  • 土日祝しか休みが取れない人はインパークできない
  • パーク開園が9時からなのに10時30分過ぎないと入れない
  • パーク開園から入れないのでアトラクションやショーなどを体験する可能性が低くなる
  • 指定日に行けなくなってもキャンセル・返金はできない

 

複数日来園パスポートの発売 メリットある?改悪との声が続出 まとめ

複数日来園パスポート概要

  • 2022年5月から2022年7月3か月間まで月2回、合計6回入園できるパスポート
  • 入園できる時間は10時30分過ぎ
  • 毎月に入園希望日、希望パークを4日選択、結果は後日パーク側で結果を指定入園日2日間を通知される
  • 大人、中人、小人ともに44,400円
  • 複数日来園パスポートのデザインは1種類のみ
  • 土日祝日は複数日来園パスポート対象外

複数日来園パスポートのメリット

  • 年間パスポートと同じデザインなので年間パスポートを持ったような優越感に浸れる
  • 大人で確実に毎月4日東京ディズニーリゾートに行ける人(月に行ける回数は2回)
  • 毎月2日間は確実に入園が保証される

複数日来園パスポートのデメリット

  • 入園する予定を事前に立てて抽選をしなければならない
  • 大人以外6回行けないと損をする価格設定
  • 大人でも6回行けないと損をする
  • すごく安いという実感がない
  • 土日祝しか休みが取れない人はインパークできない
  • パーク開園から入れない
  • パーク開園から入れないのでアトラクションやショーなどを体験する可能性が低くなる
  • 指定日に行けなくなってもキャンセル・返金はできない

複数日来園パスポートは土日祝は除外日となっているので5月1日から7月31日までなのに5月1~8日、7月27日から31日は対象とはなりません。

一見、5月から7月とまるで3か月間有効な期間限定パスポートのように感じますがゴールデンウィークからスタートするのでかなり日数が限られてきます。

かなり限られた人しか手を付けられないパスポートのようですね。

巷では年間パスポート復活へのテストとかの話も出ていますが、かなり粗削りな内容で綿密な議論が行われないままスタートした企画だと感じ、とても年パスのテストにもならない安易な回収目的のパスポートだと感じました。

確かにこの内容で納得して利用者がたくさんいれば将来は過去に販売された年間パスポートと比べて制限の多いものが発行されるかもしれません。

そういった意味では年間パスポートのテストと言われてもおかしくはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

良かったらこちらもご覧ください。

クリスタルスフィア次の再販日は2022年3月7日(月)から東京ディズニーシーの周年イベントグッズのアクアスフィア 12月1,2,3日に再販売をし、販売中止をしていた人気商品のアクアスフィアです...
ファンダフルディズニー値上げ発表!今後の年会費や特典はどうなる?ファンダフルディズニーが値上げを発表 2022年2月よりファンフルディズニーのリニューアルに伴い、会費の値上げが発表されました。 ...
新キャラダッフィーフレンズ リーナベル登場 東京ディズニーシーに2022年秋ごろ登場!?先行して上海ディズニーから 東京ディズニーシーに新キャラのきつね?新しいダッフィー&フレンズが登場します!! 新キャラとして登場するダフフレ7番目にあ...
実写映画ジャングルクルーズを見ることが出来る動画配信サービス 無料で見ることもできる!?2021年公開された実写映画「ジャングル・クルーズ」が続々と動画配信サービスにラインナップされました。 映画「ジャングル・クルーズ」は...

 

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です