電動シャッターをDIY!5万円のお買い得キット取り付けてみた

電動シャッターと言ったら非常に高価なイメージがあり、品代工事代が高そうだと想像してしまいます。

しかし、ネットサーフィンをしていたらとてもいいものを見つけてしまいました。

それは後付けの電動シャッターキット、システムデザイン社の「スマートガレージKIT」

このキットは既存のシャッターに取り付けると電動でシャッターを動かせるようになるという代物。

物理スイッチで開閉するのですがなんとスマートフォンでも開閉できちゃうんです。

でもお高いんでしょ?と思いがちですが、その値段は税込み5万5千円!!

これは買うしかないでしょう!!

ってわけで買って取り付けてみました。

早速購入

キットと言うくらいなので当然自動シャッターの部品が送られてきました。

思ったより部品の数が少ないです。

モーターとギアとスイッチです。

配線通しの針金も入っていました。

多少工具の使える人なら自分でDIYできそうです。

我が家の取り付け個所はここ↓

面倒なことにシャッターボックスは壁の中です。

取り付けはシャッターボックスを開いての作業となりますのでこの状態じゃ取り付けは出来ません。

幸いにも我が家はこの内側をDIYリフォームしていたので内側の壁を貼る前に内側上部から手を伸ばしてモーターとギアを取り付けました。

空間が狭かったのでちょっと体がシャッターに乗っかる感じで作業をしました。

作業内容としてはシャッターの芯棒にモーターとギアを取り付け、モーターの配線を芯棒の中を通しシャッター脇に落としてきて付属のスイッチに接続です。

↑シャッターの芯棒にモーターとギアを取り付けたところ

↓取り付けたモーターの配線を芯棒に通したところ

一番大変だった作業

作業で一番大変だったのはシャッターの芯棒に配線を通すこと。

シャッターボックスがむき出しの状態ならば簡単に通せたかもしれません。

私の場合は頭を壁の中に入れられるのはモーターを取り付けた中心付近のみなのでシャッターの端の部分は手探りの作業で配線を通しました。

付属の針金に配線をビニルテープで止めて芯棒の中を通すのですが出口で針金が引っかかって出てこないw

よってちょっとある部品を後付けしました。

それはインシュロックです!!

針金の先に短くしたインシュロックをビニルテープで巻き付け、針金の先に柔軟性を持たせました。

これなら芯棒の端のシャッターボックスの壁に当たっても横から出てきます。

かくして配線は無事通すことができたのでした・・・

created by Rinker
ヘラマンタイトン(Hellermann Tyton)
¥171 (2021/06/20 13:44:11時点 Amazon調べ-詳細)

結束バンドって重宝しますよね。ちょっとしたものを縛るのにうってつけ。

配線をスイッチに繋げたら初期設定をします。

Androidかiphoneなどのスマートフォンでアプリをインストールして動作テストをします。

動き始めて負荷がかかるところや止まるところがグラフで見ることができます。

テストが終わればスマートフォンで操作もできるようになります。

作業時間は?

作業自体は半日から1日で終わるかと思います。

意外と簡単。でも電動ドリルは必要。工作ができる人なら穴あけとかも余裕ではないでしょうか?

インパクトドライバーは一家に一台!

ちょっとしたDIYで必ずと言ってもいいほど使います。

24年ほど前に取り付けたシャッターで男でも重たく感じ、開閉時にうるさい音を出していたこのシャッターが電動で静かに開いていく姿はとても感動です!!

電動シャッターと取り付けるとどうなのか?

今回気が付いたこと↓↓↓

スポンサーリンク

電動シャッターのメリット

●開閉時の手作業が無くなりラクチン

●開閉時の音が静か

●お年寄りや子供でも腕力のない人でも開閉できる

●窓を閉めたままでも開閉できるので雨や虫も回避

●手を使わないので汚れない

とてもエクセレント!!

電動シャッター自体昔からあるものだけど、なんて便利な世の中になったんだとちょっぴり優越感に浸れるような感覚。

電動シャッターのデメリット

●故障すると開けられなくなる

このくらいしか思いつかない。

でもシャッターの電源コンセントを抜けば多少は重いですがシャッターは開きます。

気が付いたこと

シャッターが障害物などに当たって動作途中で止まった時に動作するオプションパーツがあったけれど無くても障害物に当たれば停止します。

シャッターのリモコンとかもあるけどスマートフォンでも動作するのでそれほど気にならないかもです。

ちなみに何か取り付ければ他社製のリモコンでも動作するらしいですよ。

後付け電動シャッターまとめ

DIYが好きな人はそれほど苦労せず取り付けは出来るんじゃないでしょうか。

お値段も税込み5万5千円とても良心的な価格なのでとてもうれしいです。

シャッターを手動で開けるなんて大変だとちょっと思ったら絶対これをお勧めします!!

スマートガレージ KIT は、巻上げ式手動シャッターにDIYで取付可能な、シャッター電動化キットです。シャッターの開閉は、お手持ちのスマートフォンから出来ます。腰を屈めての開閉作業から解放され、雨の日も雪の日も車の中からでも、シャッターの開閉が出来ます。女性の方や年配の方でも、スマホで楽々開閉!稲葉製作所(イナバ物置)...
スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク