NHKがインターネット同時配信!気になる受信料の支払いは?

いろいろと話題のNHKがインターネットで番組を同時に配信することを2020年1月14日に総務省が認可を出しました。

つまりどういうことかというとパソコンやタブレット、スマートフォンでも受信機無しでリアルタイムでNHKの放送が見られるようになるということでとても画期的な出来事です。

正式な名称は「NHKプラス」

他の民放放送局でも同時にネット配信することはしていない中でのこのことはすごいことだと思います。

しかし、一番気になるのは受信料のこと。

以前、たとえ家にテレビが無くてもワンセグが見れる携帯電話を持っていると受信料を徴収されると聞いた事とがあります。

つまり手元にNHKを見ることが出来る環境があれば受信料を徴収されるのでは?と疑問に思う人も少なくないはず。

その気になる部分を調べてみました。

スポンサーリンク

NHKの受信規約

NHK(日本放送協会)受信規約を見ると

2 受信機(家庭用受信機、携帯用受信機、自動車用受信機、共同受信用受信機等で、NHKの
テレビジョン放送を受信することのできる受信設備をいう。以下同じ。)のうち、地上系によ
るテレビジョン放送のみを受信できるテレビジョン受信機を設置(使用できる状態におくことをいう。以下同じ。)した者は地上契約、衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレ
ビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない。ただし、難視聴地域また
は列車、電車その他営業用の移動体において、衛星系によるテレビジョン放送のみを受信でき
るテレビジョン受信機を設置した者は特別契約を締結するものとする。

つまり、受信機を使って見れば受信料金はかからないってこと?

インターネット同時放送は受信機を使わずネット回線でストリーミングで見ることになると思いますのでこの規約には当たりません。

過去に家にある受像機(地上波チューナー付きのHDDレコーダー等)を使って、そのデッキを外出先からスマホやタブレットを使って遠隔操作しその映像をストリーミングする端末がありました。受信契約が自宅の受像機(チューナー)ならば問題ないのでしょうね。

代表的にはSLINGBOX等があります。

スポンサーリンク

NHKオンデマンドとは違うの?

NHKオンデマンドとは完全有料制のストリーミングサービス。

パソコン、スマートフォンやタブレット、高性能なテレビでインターネット回線を使って見ることが出来るサービスです。

見られる映像は見逃してしまった番組や過去の番組を見ることが出来るもので今回発表された映像配信とは異なります。

今回のNHKテレビ放送のインターネット同時配信は受信料はかかるの?

このテレビとの同時配信の料金はかからないとしていますが普通に放送を

見るためにはNHKとの受信契約が無いと画面には契約の有無を問われるメッセージが表示されるようです。

このメッセージを取り除くには利用申し込みと認証の手続きを行うと消えるようです。

スポンサーリンク

まとめ

契約のない人はメッセージを気にしなければいいんですね。

ニュース等も聞ければそれでいいわけだし。

2020年4月17日追記

最後の“今回のNHKテレビ放送のインターネット同時配信は受信料はかかるの?”の見出しでことの本質がわかりづらかったのでもう一度ここに書きます。

地上波と同じような放送を見るためには契約者本人の受信契約が必要となります。

受信契約をしていない場合は画面に表示される注意書きを外すことは出来ないので

文字を表示したままなら放送を見ることが出来る

ということを説明をしました。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク

コメント

  1. ieutgau より:

    ネット受信料は総務省が認可してますね。あとは徴収をいつにするか。
    ネット回線につながる装置があればTVがなくても受信料支払い義務が生じます。

    総務省が「いつから始めるか、いくらにするか」を決めている段階です。国会は通ってますよ。
    総務省に電話して確認をしてみて下さい。
    「ネット受信料の話はない」と回答するでしょうけど「いつからネット受信料は取りますか」には言葉を濁します。
    コロナ騒ぎの裏でちゃっかりと通して、騒ぎが終わったら徴収開始。

    • まあく より:

      ご指摘ありがとうございます。
      私が伝えたかったのは受信契約がなくても文字の解除さえしなければ放送を見ることが出来るってことですね。
      画面に邪魔のない映像でドラマとかを見たいとかNHKのニュースを見なくてはならないという人はきちんと受信契約をして見ればいいことですし、さらっと緊急なニュースなどライトに情報を知りたいのなら映像の文字を気にせずに視聴すればいい。
      民放は広告費で経営していますがNHKは受信料で経営。この騒ぎで広告費が激減していくだろうと予測する中、NHKはその影響を受けず独り勝ちしていくのでしょうね・・・