ワンマンズドリーム実写グッズが9月13日発売 転売対策はされたのか?

今年いっぱいで終了するワンマンズ・ドリームⅡ・マジック・リブズ・オン。

そのショーの実写をモチーフにしたグッズが2019年9月13日(金)に発売開始いたしました。

9月2日に発売開始したハロウィングッズ。特に花嫁カチューシャはヤフーニュースで取り上げられその後のグッズ販売におけるOLC社の対応が気になるところでしたがいったいどうなったでしょうか?

とても気になります。

今回は、きょう発売されたグッズともに品薄になったものを紹介いたします。







9月2日に発売開始したもの

クッキー缶 1,300円

きんちゃく袋 900円

ウォッシュタオル 1,400円

フェイスロングタオル 3,700円

うちわ(ミッキーマウス) 800円

うちわ(ミニーマウス) 800円

うちわ(ドナルドダック) 800円

うちわ(デイジーダック) 800円

うちわ(グーフィー) 800円

うちわ(プルート) 800円

うちわ(チップ&デール) 800円

クリアホルダー5枚入り 1,800円

写真(ミッキー&ミニー) 500円

写真(モノクロミッキー) 500円

品薄になってきたグッズ

写真(フィルム) 2,500円

写真(フィナーレ) 2,500円

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発売初日のエンポーリアムの様子

パークオープン時から行列ができ、ベビーセンターの方まで行列が出来ました。

整理券も配布され手にはスタンプが押されました。

1商品に一つのみ購入可能と販売管理されていたため目立った商品の爆買いもなかったようですが、販売開始から数時間も待たずにメルカリにワンマングッズが出品される始末。

結局のところ転売用に買う人への対策は失敗に終わったようです。

転売に関するネットの声

本当にその通りです。転売屋がいる限りおちついてグッズを買うことも出来ません。

3倍の値段とかありえない。売り切れたら価値が上がるから買い占めるなんて変なスパイラルに陥っているので大量購入した転売屋の在庫保有で大損してほしいです。

整理券まで売り物にしてしまうなんてやりたい放題ですね。

今回のハンドスタンプはいったい何だったんでしょうか?結局のところスタンプは活用されなかったようなのでもっと改善の余地がありそうです。


購入して即パーク内で出品画像を撮影。いい度胸です。

その光景を近くで見たら転売用の写真を撮っているのではなく買った記念に撮影してるように見えるんですね。始末悪いです。

今回、代行でもキャンセルや余ったとの報告が多かったように思えます。

いっそのこと大勢の方が注文、代行依頼して一斉にキャンセル!!

転売屋、大量在庫を抱え撃沈してもらいたいですね。

自分のためか転売のためかわからない手法です。

東京ディズニーランドでワンマンズドリームグッズ発売前に購入する裏技

ワンマンズドリームのグッズ販売開始は当然パークが開園してから。

しかしある裏ワザを使うとそれよりももっと早く買えちゃうようです。

東京ディズニーランドの開園が9時。東京ディズニーシーの開園が8時の場合、品物が並んでいる東京ディズニーランドではなく開園時刻の早い東京ディズニーシーに入園します。

入園後すぐに東京ディズニーリゾートアプリを開きワンマンズドリームグッズをカートに入れると・・・・

なんと買えてしまうようです。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク