らんざんラベンダーまつり2019 アクセス、開催期間は?埼玉県嵐山町

日本最大級のラベンダー畑「らんざんラベンダーまつり」が埼玉県比企郡嵐山町の新名所として今年開催されました。

そのラベンダー畑は千年の苑(せんねんのその)と名付けられ、敷地は約5ha(ヘクタール)と広大で約5万株の株が咲き誇っています。

そんなラベンダー園に先日行ってきましたのでその状況をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク



その日は平日のお昼ごろラベンダーまつりの最終週でした。

現地に車で向かいラベンダーのある園は隣接の駐車場がありません。

あるのは障がい者用の無料駐車場のみなので少し離れた駐車場に向かいました。

公園の駐車場からは会場まで結構歩きます。道は田んぼの中を歩いていくので田舎の風景を楽しむことができました。

会場はまだまだ先です。

水の音が癒されます。

あともうちょっとで会場。

会場が見えてきました。

この橋を渡って右側にあるのがラベンダー園です。

駐車場からおよそ10分の距離。お年寄りにはきついと思います。

お年寄りがいる場合は会場に隣接している障がい者駐車場を利用するといいです。

障がい者駐車場横にはタクシー乗り場がありました。地面が土なので雨が降ったとはスタックしそうです。

完成予想図の看板を見つけました。

これを見るとまだまだエリアが拡大していくようですね。

将来が楽しみです。

スポンサーリンク



チケット売り場が見えてきました。

入場料は大人500円です。ここでお金を支払い入場します。

出口もここからしか出れませんのでご注意を。

入場料を払ったら入場券とガイドとラベンダーの匂い付き絵葉書をいただきました。

会場内はたくさんの店舗が並んでいました。

インフォメーションから食べ物屋さん、お土産物屋さんが並んでいます。

本日は平日なので営業していない店舗もありました。

最近人気のタピオカドリンク店舗もありました。

営業はしていませんでしたが、、、(儲かるはずなのにもったいない)

最終日の日曜日は営業すると思います。

行列を作っていたのはラベンダーソフトクリーム

ちょうどお昼時だったので嵐山辛モツ焼そばを購入しました。

かなり辛くて舌が痛い。

でも美味しい辛さで完食しました。

そしていよいよラベンダー園の中へ、、、

思ったより株がでかい!!

迫力満点のラベンダーです。

イメージしていたものとは違いました。

もっと細い弱々しいものかと思っていたのですが一株が抱えきれなそうな大きさでした。

デッキが設けられていたのでその上に立って眺めると一望できます。

見れば模様が浮かび上がるようなのですが少し低い位置なのでよくは見えませんでした。

昨日は19,099人の人が摘み取り体験されたようです。

スポンサーリンク



そしてラベンダー摘み取り体験、摘み取り料金は300円。

ラベンダーの茎がリングにおさまるまで摘み取っていいそうです。

写真に収めるのを忘れてしまいましたがリングの大きさは3センチほどの大きさでした。

およそ60本と言っていましたが、150本は入りそうでした。

ラベンダーの摘み取り中は蜂がたくさん飛び回っていましたが何もしなければ攻撃をしてきません。

蜂の嫌いな方や小さい子は注意したほうがいいです。

蜂を怒らせては危険なので近づかないほうがいいと思います。

空にはひばりが飛び回り鳴き声も響いてきてとても癒されました。

結構摘めました。

帰りはお客さんもすいてきたラベンダーソフトを買って食べました。

日差しも強くなく過ごしやすい一日でよかったです。

スポンサーリンク



ラベンダーまつりの開催期間は?

2019年6月8日(土)から2019年7月7日(日)の30日間です。

ラベンダーまつりはもう間もなく終了になりますのでご注意を!!

ラベンダーまつりはこの期間で開催ですが、千年の苑ラベンダー園は年中無休です。

料金はどのくらいかかるの?

見学料に500円かかります。

中学生以下、障がい者は手帳を持参すれば無料になります。

ラベンダーの摘み取り体験は別途おひとり様300円かかります。

会場の場所は?

埼玉県比企郡嵐山町鎌形2326

電車

電車で来た場合は東武東上線武蔵嵐山駅西口からバスで行くことができます。約15分で会場に到着です。

徒歩

歩いて会場まで行く場合は駅から約3キロメートルあるので約40分かかると思います。

自動車

高速道路で車で来る場合は関越自動車道、東松山もしくは嵐山小川町で降りれば約15分の距離です。

都心から約1時間で来ることができるのでとてもいい場所にありますね。

一般駐車場は?

隣接する駐車場は障碍者しか駐車できないので離れた公園の駐車場に駐車します。

結構歩くので足の弱い人は要注意です。

まとめ

高原のラベンダー園とは違い、平地にあるのでとても歩きやすいです。

まだ始まったばかりの新しいラベンダー園なのでこれから大きくなっていくのが楽しみですね。

駐車場が少し距離があり、会場まで行くのが大変なのでシャトルバスなどがあったらよかったなと思いました。

行った日は曇りがかっていたので摘み取り中でも快適でしたが、晴れた日で日差しが強かったらちょっと危険。麦藁帽と日よけ対策、水分を用意して訪れたほうがいいかと思います。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク