iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて/3

前回までのあらすじ

iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて

前の記事では圏外になることが頻繁にあるよ、
実は自分の持っているiphone7はリコール対象(Appleではリコールとは言わない)だった。
中古の品物に手を出すことは気をつけましょうね。

iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて/2

このままでは支障が出るのでサポートに連絡!
オペレーターの誘導で初期化したのに文鎮化してしまった!
このままでは使い物にならないので修理に出してみよう!

今回は修理に出したiPhoneをその後どうしたのかを書きます。




Appleから返答が来ました。

Appleからサポートに修理に出しているiphone7の状況と今後の対応について書かれたメールが届きました。

そのメールにははこのiPhoneは違法改造された形跡があるので修理は出来ないとのこと、ただし有償での修理は可能ってことで4万円近くの代金がかかるとの内容でした。

違法改造って何?

Appleから見ればAppleマークの入った純正品以外の部品い交換されていると改造になるようです。

修理に関してもネジがひとつ欠けていたり、違うネジがはまっていたらそれで修理は受け付けてくれないようです。

今現在はiPhone7は中古で4万円出せば買えると思います。修理すれば品物的には不便なく使えて間違いないですが6万円出してiPhone8を買ったほうがいいとも考えます。

今回は修理を諦めてそのまま返送してもらうことに決めました。

文鎮化したiPhone7を使えるようにする

返送されたiPhone7。このままでは起動してもエラーを起こして使い物になりません。

起動してみてもやはり安定のエラー表示。

これですね。

どこかのショップでこれと同じ症状になったiPhone7が復元できたという記事を見つけたのでダメもとで試してみることにしました。

発送前は「エラー-1」が出ていました。状況は変わっていないと思いますがitunesに繋いで復元を試みます。

リカバリモードを試してみます。そして「エラー-18

そして懲りずにまた復元

今度は「エラー2009

エラー番号が変わっていくのだからiphone本体に何か変化が起きているのでしょう。そう心に思い何度かアップデートと復元を繰り返してみます。

そして10回くらい試したところ変化が起きました。

これまでエラーを吐きまくっていたiPhoneでしたが順調にステータスバーが伸びていって期待を持たせます。

そしてついに!!

こ、これは・・・

無事に起動することができ、以前のデータをを4時間かけて元に戻し復活を遂げました。

しかも通信もしっかり使えるんです。これまでアンテナマーク横には圏外や検索中の文字だったのにきちんと電話会社の回線が表示されています。


今現在の使用状況

復元をして1週間ほどは経ちますが通信が安定し通常通り携帯電話として使用できています。

おそらくまた再発するとは思うので今後の様子を見たいと思います。

次回のお話

iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて/4

2018年9月26日リリース Appleサポートページについて
接続できなくなった後の対処方法



スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク