iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて

iPhone7が検索中や圏外と出て通話や通信が出来なくなった

先日、自分が使用しているiphone7が圏外になりました。


たまたま調子が悪くなったのかと思い再起動するとまた普通につながり通話もネットも使えるようになったので気にも留めなかったのですが、次の日もまた圏外に。
その時も先日の件で対処の仕方がわかっていたので再起動、そしてまた通常通り使えるようになりました。
そしてまた同じ日に圏外になったのでこれはおかしい・・・と感じ「iphone 圏外」とネットで調べてみます。




色々出てきたので下記のことを試してみます。

強制再起動
機内モードオンオフ
4Gをオフにしてオンにする
ネットワーク設定をリセット
SIMを刺し直す
SIMの金属部分を磨く

しかしどれを試してもすぐに圏外か検索中。

2018年2月に中古で購入したのでネットワーク利用制限でもかかったのかとIMEIを調べてみると昨日まで時点で相変わらずの△マークなので今日付けで前のオーナーが支払いを怠った?とも考えました。


UQ Mobileにお問い合わせ

妻のiphone6SのUQ Mobile SIMと入れ替えると使えるんです。逆に妻のSIMが自分のiphone7で使えない。
ここまでの検証で自分のiphone7がおかしいとたどり着きましたが念のため契約中のUQ MOBILEに電話してみます。
するとやはり自分のiphone7が原因だと結論になり新しい機種に変えるように促されました。

いやー、そんなに簡単に新しい機種は買えないですよ。
もうちょっと調べてみることにします。
Twitterを調べてみます。するとiphone圏外でヒット!

最近のつぶやきでポロポロ出てきます。
ここでiphone7に限って症状が出ていることに気が付きます。

そしてたどり着いたのがapple公式発表
「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

そしてこんな記述が・・・

私のiPhone7の裏面


ビンゴです!!

私は2018年の2月にフリマサイトでこの(画面バリバリに画面が割れている)iPhone7を30,000円強で買いAmazonで交換用パネルを購入し自分で交換しました。
今思えば出品者もこの圏外病の交換プログラムに気が付いたのでサポートを受けようと思ったけれど画面が割れているので有料の画面交換修理を余儀なくされあまりにも高額な修理代金がかかることになり諦めたのかなってところですかね。

完全にリコールものなのに画面修理が必須となり結局は高額の修理代を徴収されるわけで持ち主にとって踏んだり蹴ったりではないでしょうか?
理由を明かさず手放そうとする気持ちもわかります。

皆様はスマホの中古の購入には気を付けてくださいね。

次回に続く



スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク