ディズニーハロウィン2018の仮装期間や開催期間

夏が終われば秋、秋といえばハロウィンの季節。
東京ディズニーリゾートも9月に入ると装飾はハロウィン仕様になります。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは秋のイベントディズニーハロウィンが開催。パークでもハロウィンのデコレーション、アトラクション、エンターテイメント、グッズ、レストランのスペシャルメニュー、ゲストの仮装ももハロウィン一色になります。
中でも熱いコンテンツは仮装。毎年この時期はディズニーをモチーフにしたゲストでパークは賑わうのです。

東京ディズニーリゾートスペシャルイベント
ディズニーハロウィン2018
ディズニー仮装

開催期間

2018年9月10日(月)~10月31日(水)
※ディズニーハロウィンイベントスタート前日から仮装可能

前日から仮装スタートってことはイベント前日に取材や撮影が入りハロウィンパレードのスニーク(公開リハーサル)が行われそうですね。
プレスの方たちがいい場所を陣取るのでそれなりの場所で見ることにはなりますが後手曜日であることを含め、イベント期間中でもないので来園ゲストもそれほど来園することは無いと思います。
これはチャンス!予定が無ければ是非この機会に行っておきたいところですね。



仮装期間だからと言って何にでも変装していいという事ではありません。様々な細かいルールもあります。

仮装のルール

ディズニーキャラクターに仮装する

ディズニーのアニメ、映画、ゲーム等に登場するキャラクターのみ仮装ができます。(マーベルもディズニーですが(スパーダーマン、アイアンマン等)はNGです)
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクターが仮装できます。(アトラクションに登場するキャラクターもOKです)
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでのパレードやショーなどに登場するダンサーや出演者のコスチューム等に仮装できます。(TDRキャストのコスチュームはNGです)

※上の条件を満たしても露出の多い服装や衣装、裾を引きずってしまう丈の長いドレス等は入園することは出来ません。
ディズニーの世界観、キャラクターのイメージを壊さない服装はやめてください。

過度なメイクや危険なアイテムは禁止

お面、ゴムマスク、仮装メイク、特殊なシールのように仮装者の顔がわからなくなることはしないでください。
キャラクターの小道具や乗り物もNGです。

着替えスペース、ルール、マナーについて

着替えスペースが用意されていますが大変混雑が予想されるので出来る限り自宅や宿泊先のホテルで着替えやメイクをしてから来園することをアナウンスしております。
公共の施設、パーク内、外のトイレ、ロッカールームでの着替えも他のゲストに迷惑になるのでNGです。
着替えルーム(東京ディズニーランド)

(パークプロムナード横)

着替えルーム(東京ディズニーシー)

(サウスチケットブース左奥付近)

仮装期間は時期にもよりますが朝の6時から順番待ちの列が出来始めます。
3時間以上待つこともあります。ひどいときには半日着替えでつぶしてしまって入園規制に引っかかってしまうことも考えられますので
事前に準備をしてから来園することをお勧めします。

仮装期間のコインロッカー

この期間のコインロッカーは特に混雑します。
大型のコインロッカーは早い時間に埋まってしまうことがほとんどです。

ロッカー利用料金

超大型 700円
特大型 700円
大型 500円
中型 400円
小型 300円

もし埋まっている場合は臨時の手荷物預かり所が用意されるのでこちらも訪ねてみたらいかがでしょうか?

仮装は準備が大切です。存分に楽しめるように計画を立ててパークに行きましょう。

ディズニー仮装公式HP

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク