いまさら聞けないディズニーのこと
DIYやガジェットとおでかけ
東京ディズニーランド

スペースマウンテンが2024年にクローズ 2027年リニューアルオープン どう変わる?

Pocket

スペースマウンテンがリニューアルオープン

東京ディズニーランドのトゥモローランドにある現在運航中のスペースマウンテンがクローズすることになりました。

このスペースマウンテンのクローズにより、周辺を一新し、トゥモローランドに広場と新規に作り直されたスペースマウンテンが建設されるとのことです。

現在のスペースマウンテンクローズは2024年で完成予定はさらに3年後の2027年とのことです。

あと5年待てば心機一転したスペースマウンテン周辺にお目にかかれるのですね。

いまからとても待ち遠しいです。

リニューアル後は近未来的なスペースマウンテンのデザイン

これまでのスペースマウンテンは名前にマウンテン(山)とはつくものの無機質でそれほど山のようなデザインでは無かったのですが、完成イメージのデザインを見るとかなり実際の山のように流線型でとても未来的になっておりそれらしく未来的はデザインになっています。

現在のスペースマウンテン↓↓↓

画像引用:公式東京ディズニーリゾート

 

新しいスペースマウンテン完成イメージイラスト↓↓↓

画像引用:公式東京ディズニーリゾートHP

 

2つを比べてみるとだいぶ見た目の印象が違いますね。

今現在の上空写真を見てみますと、このような形になっています。

Google Mapより

完成イメージイラストを見ると手前に似たような建物が両側に、右側にはショーベースらしきものが見えます。

おそらく手前の建物はプラザ方面からスティッチのエンカウンターバズライトイヤーのアストロブラスターのアトラクションの間を抜けてスペースマウンテンの方向を見たように見えます。

イメージデザインに合わせた現在のスペースマウンテンの風景↓↓↓

Google Map ストリートビューからの引用

↑このような視点ではないでしょうか。

 

現在のスペースマウンテンファストパス発見所及びスペースマウンテン入場のエスカレーターが撤去され、そこが広場になるようですね。(ファストパス発券機も続々と撤去されていますもんね)

新しいスペースマウンテンに入るための通路はトゥモローランド・ホールショー抽選場所)スターツアーズのファストパス発見所があったところあたりでしょうか。

海外のスペース・マウンテンは日本のスペース・マウンテンとどのように違う?

2027年にリニューアルオープンするスペースマウンテンは0から作り直すということなので現在運航しているシステム同じ仕様である必要がない、今までのスペースマウンテンとは違うものになることが予想されます。

新しく変更になると考えられる予想として海外にあるスペース・マウンテンを参考に、海外のものと同じものを作るか?もしくは全く新しいテイストを加えて作り出されると予想できます。

リニューアル後のスペースマウンテンがどのように変わるのかはまだベールに包まれていますが、海外のスペースマウンテンのような仕様が採用されることもあるかと思います。

海外にあるスペースマウンテンは日本と全く同じものではありません。

各パークにより特色が違うのでわかりやすくまとめてみたいと思います。

東京ディズニーランドのスペース・マウンテン

  • 1983年4月15日にオープン(2007年リニューアルオープン)
  • コース全長 925メートル
  • 最高速度 49キロ/h

カルフォルニアディスニーランド・リゾート(アメリカ:カルフォルニア州アナハイム)のスペース・マウンテン

  • 1977年5月27日にオープン(2005年にリニューアルオープン)
  • スペースシップ・乗り場が自動ドア
  • ライドにスピーカーがついている
  • コース全長 1,052メートル
  • 最高速度 49キロ/h

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート:マジック・キングダム(アメリカ:フロリダ)のスペース・マウンテン

  • 1975年1月15日にオープン(2009年にリニューアルオープン)
  • “アルファ”と“オメガ”の2コースある
  • ライドが2列席ではなく縦1列である
  • 写真撮影がある
  • コース全長 971メートル、974メートル
  • 最高速度 45キロ/h

ディズニーランド・パリ(フランス)のスペース・マウンテン

  • 1995年6月1日にオープン 2017年5月7日にハイパースペース・マウンテンとしてリニューアル
  • スタートから勢いよくスピードに乗りサイドワインダー・コークスクリュー・ホースシューなど3種類の反転やターンがありとてもエキサイティング
  • スター・ウォーズをテーマにしている
  • 車載スピーカー有り
  • 最高速度 71キロ/h

香港ディズニーランド・リゾート(香港)のスペース・マウンテン

  • 2005年9月12日にオープン 2016年6月11日にハイパースペース・マウンテンとしてリニューアル
  • スター・ウォーズをテーマにしている
  • 車載スピーカー有り
  • ライドショット有り
  • 全長 1,052メートル
  • 最高速度 51キロ/h

比較的新しいスペース・マウンテンは、スペースシップにスピーカーが搭載されていて臨場感あふれる体験が出来るようになっています。

 

ディズニーランド・パリではスタートから勢いよくスピードに乗り180度回転やコークスクリュー回転する場面もありよりエキサイティングな体験をすることが出来ます。

香港ディズニーランドでは車載スピーカーのほかにアトラクション終盤にはライド中の写真撮影、ライドショットもあります。

東京ディズニーランドのスペースマウンテンは一番遅い

世界にあるスペースマウンテンの中でも一番スピードが遅いのが東京ディズニーランドにあるスペースマウンテン。

東京ディズニーランドのスペースマウンテンの最高速度はおよそ時速49キロで一番速いスペースマウンテンはパリの最高時速70キロに比べて時速20キロもの違いがあります。

新しいスペースマウンテンはどう変わる?

新しいスペースマウンテンを過去と全く同じものを作ってはナンセンス。

海外のスペースマウンテンを参考に新しいスペースマウンテンの仕様をを個人的な予想と願望でまとめてみたいと思います。

新しいしペースマウンテンは速度が変わる!?

東京ディズニーリゾートには速度の出るアトラクションが多数あります。

速度の出る代表アトラクションを下記にまとめてみました。

  • スプラッシュ・マウンテンが62キロ/h
  • ビックサンダー・マウンテンが45キロ/h
  • レイジング・スピリッツが60キロ/h
  • センターオブジアースが75キロ/h
  • タワー・オブ・テラーが50キロ/h

そのアトラクションの中でも開園当初から存在するスペースマウンテンは最高速度49キロ。

平均より下の部類に入ります。

宇宙空間を飛び回る宇宙船が遅いはずはない!!

海外のスペースマウンテンの速度は

  • カルフォルニア・ディズニーランド 49キロ/h
  • マジック・キングダム 45キロ/h
  • ディズニーランド・パリ 71キロ/h
  • ディズニーランド・香港 51キロ/h

せっかく作るのだからセンターオブジアースぐらいの75キロ/hくらいを体験したいですね。

新しいスペースマウンテンはスピーカー搭載になる!?

他ディズニーパークのスペース・マウンテンはほとんどスピーカー付きライドになっています。

さらにアトラクションの臨場感を盛り上げるためにスピーカーの搭載は手っ取り早い手段になると思います。

どんなテーマで構成するにしても音楽が大事。

これはかなり高い確率で採用されると思います。

新しいスペースマウンテンは3種類の反転がある!?

まだディズニーランド・パリにしか採用されていませんがコースターと言ったらエキサイティングなもの。

しかし東京ディズニーリゾートでは東京ディズニーシーのほうにレイジング・スピリッツというアトラクションがあります。

このアトラクションにはそこそこ激しいスピードとコークスクリューが無いものの360度回転はあります。少々被るような気がしますね・・・

しかし、サイドワインダー・コークスクリュー・ホースシューなど3種類の反転やターンが採用されるならばタワー・オブ・テラーを超す絶叫アトラクションになるかも知れないですね。

これは面白そう!

さすがにパリのスペースマウンテン最初のセンター・オブ・ジアースのようなスタートダッシュは採用されないと思いますが・・・

新しいスペースマウンテンはライドフォト(写真撮影)がある!?

アトラクションの体験中に写真を撮ってもらえるサービスがライドフォト。

東京ディズニーランドは世界中のスペース・マウンテンの中で唯一ライドフォトがありません。

アトラクションでの大事な収入源であるライドフォト(写真撮影)は企業側にとってはどうしても押さえておきたいところですね。

これは採用されるに一票です。

最近ではスプラッシュダウン・フォト等の店舗は休止中ですがライド中の写真はライド終了後のモニターで2次元バーコードを読み込めばWebや東京ディズニーリゾートアプリで購入することが出来るようになっています。

新しいスペースマウンテンはスターウォーズ仕様になる!?

海外の多くのスペースマウンテンは宇宙だけをテーマにしたアトラクションになっています。

しかし香港ディズニーランドだけは2016年にスター・ウォーズをテーマにリニューアルされています。

世界中にスターウォーズファンが多い中、これをやれば絶対に外れないコンテンツ。

しかしスター・ウォーズのコンテンツはスター・ツアーズがあるので採用したら被ってしまう・・・

この仕様になるのはちょっと可能性は低いですかね・・・

なったらいいな

スペースマウンテンが2024年にクローズ 2027年リニューアルオープン どう変わる?まとめ

  • スペース・マウンテンは2024年にクローズする
  • スペース・マウンテンは作り直し2027年にリニューアルオープンする
  • 日本のスペース・マウンテンはライドにスピーカー搭載になり最高速度が速くなり、反転あり、速度も速くなりライドフォトが追加される(予想)
  • あわよくばスター・ウォーズがテーマ(願望)

確実で決まっていることはスペース・マウンテンが2024年にクローズし2027年にリニューアルオープンすること。

それ以降の今後のスペース・マウンテンは筆者の予想です。

※実際にどうなるかわかりません。可能性が高いということです。

 

現在アトラクション「スペース・マウンテン」の実写映画が作成されています。

流石にアトラクション「スペース・マウンテン」のにリニューアルオープンの2027年になる前には完成され映画のほうが先にお披露目されるとは思いますが、もしかしたらその映画の完成予定が2027年でそれにタイアップという形で大々的にオープン!!ってことも考えられますね。

今から2027年がとても待ち遠しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です