新しく導入されたスタンバイパスとは!?

東京ディズニーリゾートでは2020年9月19日よりしばらくお休みしていたグリーティング施設が再開されました。

これに伴い、それらの密な状態を回避する目的で新しくスタンバイパスが導入されました。

スポンサーリンク

スタンバイパスとは?

アトラクションのスタンバイ列の時間を指定しその時間に並び始めることができるパスのことです。

スポンサーリンク

スタンバイパス対象アトラクション

トイ・ストーリー・マニア!<東京ディズニーシー>

ソアリン・ファンタスティック・フライト<東京ディズニーシー>

スポンサーリンク

エントリーの仕方

エントリーをするためには当日のパークチケットかアプリで購入したチケットが必要です。

これまでの抽選と同じように1枚の入園チケットに対し1回のエントリーができます。

紙のパークチケットを持っていた場合は抽選の時と同じようにバーコードをスキャンしアプリに取り込むことになります。

次にアトラクションを選択。

パスが発行されこの時間に並ぶことができるようになります。

引用リンク

スタンバイパス導入前の状況

このスタンバイパス導入前はソアリンの120分のスタンバイの列に並ぶ最後尾はポンデベッキオとミステリアスアイランドに入るトイレ前でした。

そこから密にならない距離を前のゲストと保ちながらミステリアス・アイランドの中に入りセンター・オブ・ジアースのFP発券所、入り口の前を抜けて2万マイルの出口からキューラインを逆走して入り口から出て2万マイルFP発券所出口から入り口まで逆走して外周ぐるっとソアリン入り口まで行くという非常に長い列でした。

トイストーリーマニアに関しては最後尾がマグダックスデパートメントストア左側からニューヨークデリ前を抜けエレクトリックレールウェイ入り口前を通りSSコロンビアのスクリューシャフト側の噴水広場入り口から広場に入りその中で噴水を避けながらとぐろを巻いてブロードウェイ側出口からタワテラ入り口までとぐろを巻いてトイマニエリアの通常スタンバイ列に入るというこちらもとんでもなく長い列を並びました。

どちらの列もかなりパーク内を使っているのでとても景観が悪かったです。

まとめ

このシステムはまだ始まったばかりなので吉と出るか凶と出るかわかりませんが、ゲストが分散されて実質的に当初から決められているスタンバイの列が密にならないようになるので確実に並ぶ人は減ります。

実際に並んでいる時間も短くなると思いますのでかなりストレスはなくなるのではないでのでしょうか。

このシステムにとても期待しています。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク