35周年フラッグがとうとう完売か!東京ディズニーランド3月20日更新

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”グランドフィナーレも残り1週間を切りました。
35周年ディズニーグッズの商品棚から減ってきていよいよこのイベントも終盤を迎えています。

ラストイベント、グランドフィナーレが始まり発売からすぐに売り切れてしまった人気再販グッズが何種類か再販売し、それらも売り切れが続出。
そしてこの35周年イベントの終了1週間前に再販売された35周年フラッグ。
この品物もとうとう販売終了してしまいました。

さて35周年フラッグの再販売はあるのか?
今後の動向とゲストの反応が気になります!




35周年フラッグの再販売はあるのか?


10時の時点でこの在庫。とても幸先悪いです。
3月19日開年直後はフラッグの販売はされていました。

もうイベントも残り数日。仕方がないのかもしれませんね。

キャストさんに聞いたようなので残念ながら再販はない模様です。

スポンサーリンク

今回のフラッグの販売方法について

今回のOLCの対応は少し遅れたもののこの販売方法はとてもありがたかったと思います。
転売対策への第一歩。

今回のこの対策がなかったら再販売初日に売り切れたのは確実です。

さらに煮詰めた販売方法を探し出して今後快適にゲストが買い物ができるように期待しています。

しかしこのような方もいます。
本当に再販初日の3月18日なら店頭には並んでいなくてレジで声をかけてからの販売でした。
商品棚にはないのでパット見で「完売?」と思ってしまうかもせれません。
このツイートしている方のように「商品棚にないから売り切れている。売り切れだから声をかけてもしょうがない。」と思って行動しなかったら買えないかもしれません。

しかし購入条件は一緒ですが3月19日の販売方法は違いました。

3月19日はレジでの声掛けで購入への流れではなくて商品棚に並べての販売でした。

こんな状況を見たら品薄だから早く買っておかなきゃと思ってしまい、益々購買意欲が湧いて早く完売してしまう悪手だと思います。
これは販売側の失敗。

その結果

スポンサーリンク

いつ販売終了してしまったのか?

3月19日(火)10時30分 35周年販売終了。

本当に残念で仕方ありません。


スポンサーリンク

なぜ売り切れてしまったのか?

元々、再々生産された個数も少なかったんでしょうね。
ちょっとでも販売時間の延命を計るためにおひとり様1本限定。
ポージープラッシーの再販時に取り入れられた東京ディズニーリゾートアプリでの購入は転売屋対策にもってこいの方法だと思いますけどそれを遂行して後日に発送って方法と取っていたら日数がかかり、本来の目的である旗を振って35周年をお祝いすることができなくなってしいます。

余談ですが今回の店舗レジにておひとり様1本限りでパスポート認証の手段を取りましたが、転売屋がひとり1本しか買えないがために関係のないゲストに手当たり次第「どうしてももう一本ほしいのでフラッグを買う予定がなかったら代わりにその持っているチケットで買ってきて下さい」と声をかけて購入本数を稼いでいたようです。(本当かどうかはわかりませんが)

これが本当の話だとしたらとても問題だと思います。

スポンサーリンク

根本的な販売方法のミス

最後のファイナルシーズンに販売開始するんじゃなくて35周年が始まるときからしっかりと在庫を確保して販売すればよかったと思います。
これに関しては対応が遅かったですね。

この意見を35周年イベント計画している時点で予測していたらこんなことにはならなかったのかもしれません。

その教訓を得てなのか36周年のフラッグが販売予定に含まれています。


35周年とは意味合いがちょっと違うのでどうなるかわかりませんが混乱を招かなければいいですね!

その他、東京ディズニーリゾートグッズ最新情報はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク