iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて/2

前回までのあらすじ

iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて

前の記事では圏外になることが頻繁にあるよ、
実は自分の持っているiphone7はリコール対象だった。
iphone中古購入の際は気をつけましょうね。



Appleサポートのやり取り

今回はその後の話です。
やはり調子よく電波をつかんでいていても気が付くと検索中や圏外になって復帰しなくなるということに支障が出てきました。
仕事でも使っているので出なくちゃいけないときに出られない、電話を掛けなくちゃならないとき使えない重要な場面に遭遇してだましだまし使うことはやっぱり無理でダメもとで修理プログラムにすることに出してみることにしました。




iphone7に入っているSIMカードの電話通信回線は使えないけど普段はポケットWi-Fiで通信を使っている私は、この通信でappleサポートアプリで今回の「ステータスバーに「圏外」または「検索中」と表示される」件の問合せをしました。
今すぐお問い合わせくださいの項目で電話番号を登録すると間も無く折り返しのメールが届きました。


しかし通話ができないiphone7の電話番号を入力してしまったため連絡が付かなかったとのメールの内容で(当然なわけですが)届きました。
サブ端末のSIM無しiphone5SSMART TOAK(iphoneアプリ)をインストールしてあるのでこちらの電話番号を入力します。

1回目のサポートからの電話

そしてかかってきた電話で相談を試してみると
どんな操作を試してみましたか?とのサポートからの質問

先日圏外になった時に対処した方法

強制再起動
機内モードオンオフ
4Gをオフにしてオンにする
ネットワーク設定をリセット
SIMを刺し直す
SIMの金属部分を磨く
に加え
妻のiphone6SのUQ Mobile SIMと入れ替えると使える。
逆に妻のSIMが自分のiphone7で使えない。
ってことも伝える。
(iphone5S、iphone6はnanoSIM、iphone6S、iphone7以降はVolteSIMが使える)

ここまでいろいろな方法を試したことを伝えるとすんなり修理の案内になりました。
初期化、復元で直ることもあるようでその方法を試したかったようですがここまでやっているのでやっても無駄だと判断されたのでしょうか?
Appleの修理を行っているところが私の住んでいるエリアや職場に近いところがない、しかも直近の予約も結構埋まっていて都合のいい時間で速やかに修理を行ってもらえるところがないという現実。



Apple非正規の修理店に流行る理由

Apple利用者のiphone修理が正規店ではなく非正規の修理店に流れてしまう原因は

近くにAppleの正規修理店が無い。
手ごろな場所に非正規iphone修理店がある。
ネットで検索すると上位に格安修理店が連なる。
すぐに復旧したいのに正規店は予約が混んでて修理が先のほうの日になってしまう。
非正規店はすぐに直してくれる
正規店は基本的にデータが初期化されると考えて敬遠してしまう。
正規修理店は修理料金が高い。

と考えられます。

一度目の電話で店舗による修理予約をしたわけですけどその後、その店舗は家から2時間近くのところであるため遠いので変更したほうがいいと思ったので修理予約して1時間くらいたった時間にから郵送対応に変更のお電話をすることにしました。

2度目のサポートの電話

前回の会話の内容を参照したにもかかわらず、すんなりと修理対応にはなりませんでした。
もう一度最初から同じことを説明したうえで今度はiTunesで初期化してから復元をしてくださいとのことです。
オペレータによって対応が違うんですね。
復元を試してからもう一度ご連絡くださいとのこと。夜9時までサポートはやっていると言われましたのでそれまでにバックアップと復元を行うことにします。

PCとiTunesを使いバックアップと復元作業

そのオペレーターに従いPCにiTunesをインストールしiphoneをつないでバックアップを取りました。
そして復元操作。すると復元途中でフリーズ、エラー-1に。
何度やってもエラー-1

エラー-1

これはハードウエアに問題があると出てくるエラーのようです。
既に本体が故障して不具合を起こしているので復元することは出来ないってことですね。
また、PC本体も影響することもあるようなので一概には完全にダメとは言いきれません。

エラーが出た時の対処法


USBを違うポートに差し込む。
純正のライトニングケーブルを使う。
iTunesを最新版にする。
セキュリティソフトを停止する。
他に刺さっているUSBケーブルを抜く。

等を試してもう一度iTunesでのアップデートからの復元でも改善することがあるようです。

しかしそれで解決には至りませんでした。

3度目のAppleサポート

もう一度Appleサポートに連絡しようとしたところ今の時間は20時40分。
Appleサポートでの電話での問い合わせが明日以降になっていて今すぐに問い合わせが出来ません。
サポートチャットでの問い合わせを選択しそのまま待ちます。
20時55分ごろやっと返信が来てようやくスタート。
約50分ほどのやり取りでこれまでの復元の経過を説明し郵送での修理手配にこぎつけました。

結論

1度目の電話で迷わずに郵送の手配を選択していればこんなことにはならなかった。
1度目のサポートではすぐに修理の手配だったが2度目のサポートで1度目の結果を覆されて復元作業を案内されてそのまま従ったがためにiphoneは再起不能になった。
そもそもの話リコールなんて無ければここまで面倒なことにはならなかった。
購入者に色々なことを手順を案内せずに素直に預かって検証し対応してくれれば良い話である。

自動車のリコールだってあれこれ言わずに預かってそっと直して返してくれます。
やはりAppleサポートは敷居が高くて関わりたくないところだと感じました。

前回のお話
iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて

次回のお話

iphone7の圏外病の不具合 修理プログラムについて/3

Appleサポートからの返答
文鎮化したiPhoneを使えるようにする



スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. つかだ より:

    まるっきり同じ対応でした。
    私はそのあと一日分かけドコモショップで代替機を出してもらいましたがそれがAndroid携帯、もう不便で使い方がわからなくて困って、またアップルに電話するも、2週間は待ってくださいとのこと、
    リコールならば、アップルが速やかに代替え機を用意するべきではないかと、言ったが何も対応なし。
    上からの対応というか
    何の連絡もない。
    本当に頭に来てます。

    • まあく より:

      コメントありがとうございます。
      代替機を準備してもらえるのはさすが3大キャリアのドコモですね。
      しかし渡されたものがAndroid端末ではicloudやアプリなどの問題を考えると不便でたまらないと思います。
      iPhoneの復元で環境を戻せる機能は本当に便利ですよね。代替機がiPhoneならよかったのに。
      残念なのが3大キャリアでもiPhoneに関しては修理はAppleに投げられてしまうこと。
      AppleStore直営店やApple正規サービスプロバイダに持ち込むにしても予約が出来る状態になってもすぐに埋まってしまい希望の時間を取れないこと。
      さらには外国の企業なのでAppleサポートでもマニュアル以外のことは出来ず「融通が利かない、本当に最悪だな」と思うんですけどiPhoneは便利だから悲しいかなAndroidには機種変出来ないんですよね。