【千葉県】おすすめスポット!大原漁港「港の朝市」

千葉県いすみ市の大原漁港

今までは月2回行われていました「港の朝市
今では毎週開催となって大人気のスポットになっています。
今回はこの「港の朝市」を紹介していきます。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

体験レポート

朝9時から9時ごろ千葉県いすみ市大原漁港に到着、朝市は8時からのため会場の駐車場はほぼ満車状態でした。
会場は2タイプあり漁港内と屋外駐車場で1週間ごと交互に変わります。
漁港内では市場の名の通り魚介類の販売、解散加工品の販売、物産品の販売がありこの市場の特色というか一番のおすすめは買った品物が(今風に言うと)イートインスペースで食べられるんです。
そこに併設されたバーベキュー(ドラム缶焼き?)コーナー!!

買った干物、貝、エビ等を焼いて食べることができるんです!!
たまたま行った日に有ったガチャ。1回500円。

当たりはイセエビのようです。夢を見て回した結果・・・
たこバジル。。。

朝市の人気は「たこめし」と「イセエビの味噌汁」早い時間に売り切れることもあるようです。
大原漁港の「タコ」と明石タコは日本の2大タコとして有名です。
高級料亭以外ではなかなか見かけられないタコなので見かけたら絶対食べておきたいところですね。
エビもいすみ市沖の器械根で漁獲されるもので「伊勢海美」商標登録済のブランド名称になっております。
「房州イセエビ」探してみてください。

たこめし お値段400円

イセエビ入り味噌汁は300円

バーベキュー食材を探しに市場を散策。
ここでの焼き用に盛り合わせセット販売をしているお店を見かけます。

普通の市場じゃ買ったら持って帰りますもんね、ざるに入った食材をビニール袋に移し替えてその袋を持っていく様は非日常的でなんだか楽しいです。

さあ焼くぞー!!って焼き場に行くとバーベキューの焼き台は空き無し。
時間が9時を過ぎて混雑してたこともあってかそこそこあるイートインスペースも満席でした。

大盛況の模様です。
テーブルは大きいので相席必須での確保しかありませんね。

食材を選べば1000円でお手軽にバーベキューができるなんてとってもリーズナブルじゃないですか?
気持ちはちょっとしたイベントです。
紙皿、箸は50円で有料です。

いつやってるの?場所は?

【港の朝市 開催概要】
■開催時間:
8:00~12:00
■会 場:
大原漁港荷捌所
(千葉県いすみ市大原11574)
※会場は変更になる場合があります。
※開催時間の変更、臨時朝市開催の場合があります。
※荒天時・年末年始・年始・秋季祭礼時など開催しない場合があります。

トイレや駐車場はあるの?

トイレは漁港のトイレが利用可能です。個数が少ないので混雑しているときは行列になることがあるので出来ることなら事前に済ませておきましょう。
駐車場はかなりの台数が駐車できますが混雑しているときは堤防に駐車する方もいます。気になる方は早めに到着したほうがよろしいかとと思います。

まとめ

朝市の会場は漁港内と屋外駐車場どちらかで行います。週によって違います。

臨場感のあって雰囲気がいいのは漁港内ですね。駐車場だとただのバーベキューですから。
バーベキューを体験されるのなら紙皿や箸を持っていくことをおすすめします。

調味料は自由に使って大丈夫です。
焼き方も焼き場にいるおじさんが巡回して見てくれているので安心です。

お手軽に準備もなくバーベキューが格安で出来るのでお子様がいらっしゃるご家族で行くイベントにはもってこいだと思います。
是非行ってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よかったら他の記事も読んでいってください。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク