MENU
いまさら聞けないディズニーのこと
DIYやガジェットとおでかけ
東京ディズニーシー

ディズニープレミアアクセスは高い?とうとう発表の有料ファストパス

Pocket

東京ディズニーリゾートに有料ファストパスが導入 料金は1枚2000円

かねてよりファストパス有料化の話題が上がっていましたが、とうとう東京ディズニーリゾートに導入されることが発表されました。

その名はディズニー・プレミアアクセス。2022年5月19日(木)から導入され料金は1枚2,000円での販売となります。

このパスにより混雑時の長い時間のアトラクションの列に並ぶことなく乗ることが出来るようになるという。

利用できるアトラクションは東京ディズニーランドでは美女と野獣”魔法のものがたり”、東京ディズニーシーではソアリン:ファンタスティック・フライトの2つで、パークチケット1枚につき1つ購入できるようになるという。

料金が2000円ということもあり高いとの声も多く上がっている。

ディズニー・プレミアアクセスの詳細

ディズニー・プレミアアクセスとは

ディズニー・プレミアアクセスとは以前導入されていたのファストパスのように設定された時間内であれば長い時間を待たずにアトラクションを楽しめる有料のパスです。

ディズニー・プレミアアクセス 対象アトラクション

東京ディズニーランド 美女と野獣”魔法のものがたり”

東京ディズニーシー ソアリン:ファンタスティック・フライト

現在のところ上記2施設のみ(今後増える可能性あり)

ディズニー・プレミアアクセス 販売価格とルール

ディズニー・プレミアアクセスは2,000円

  • 入園パス1枚につき1枚購入可能
  • 同時に複数施設は購入できない(複数施設が無い現時点では関係ないですね)
  • 3歳以下のお子様は同伴者がディズニー・プレミアアクセスを購入していれば利用可能
  • 購入したディズニー・プレミアアクセスを消化していれば再度購入可能
  • ディズニー・プレミアアクセスのキャンセルや時間が過ぎた場合の返金は無し
  • システム調整や天候の都合で施設運営が中止になった場合は、施設の不備の場合に限り振替措置を行う

ディズニー・プレミアアクセス 購入場所

  • パーク入園後に東京ディズニーリゾート・アプリから対象施設が時間指定で購入(クレジットカード決済)できます。
  • 東京ディズニーリゾート・アプリが無い、東京ディズニーリゾート・アプリはあるけどクレジットカードが無い、東京ディズニーリゾート・アプリが無いしクレジットカードも無いゲストの方は東京ディズニーランドメインストリートハウス、東京ディズニーシーゲストリレーションで購入可能

ディズニー・プレミアアクセスのメリットとデメリット

ディズニー・プレミアアクセスのメリット

ディズニー・プレミアアクセスを設定することによってスタンバイの列を並ぶのにスタンバイパスが無くなります。

そのためスタンバイパスの売り切れという問題がスタンバイパス自体が無くなり、列に並べば時間はかかるけれども必ず乗れるようになるということです。

これは大きな進展ですね。

ファストパスは時間指定が出来ませんでした。ある程度は発券所にある現在の提供時間状況を見て、自分が欲しい時間帯に発行するということが調整出来ましたが発券所である程度の時間を待たないとならないので確実な方法ではありませんでした。

しかしディズニー・プレミアアクセス購入時には時間帯を選べるのである程度の自分のスケジュールを立てられるようになり、より時間の組み立ての自由度が上がったので予定を立てることが楽になったのではないかと思います。

  • 待ち時間を長く待たずにアトラクションを楽しめる
  • 今後パークインしてアトラクションに乗れないってことが無くなる
  • 時間帯を選択できるので予定が立てやすい

ディズニー・プレミアアクセスのデメリット

一番声が上がっているのがディズニー・プレミアアクセスの価格。

2,000円という金額が高いとの声がとても多いです。

  • サービスが有料(2,000円)
  • 東京ディズニーリゾート・アプリとクレジットカードが無いとメインストリートハウスかゲストリレーションで購入となるため購入するのに手間がかかる

ディズニー・プレミアアクセスは高いのか?

ディズニー・プレミアアクセスが発表されサービスの料金が高いのでは?との声がたくさん上がっています。

近年では世界のディズニーパークでもファストパスの有料化が進み、国内でのUSJでもエクスプレスパスとの名前でアトラクション優先券を販売しています。

USJではアトラクションが7つ乗れるものであれば10,800円から購入でき、アトラクション1つあたり1,542円、アトラクション4つ乗れるものなら7,800円でアトラクション1つあたり1,950円になります。

今回発表されたディズニー・プレミアアクセスは2,000円なので妥当と言えば妥当な金額。(利用者の意見がどうとではなく提供者の金額ですよ)

現在では人気のソアリン:ファンタスティック・フライトは入園してすぐに東京ディズニーリゾート・アプリでパスを取らないとすぐになくなり、そこで取れなかったら並んでも乗ることが出来ないというありえなく不便な状況になっています。

昔であれば並べば(長時間になっても)確実に乗ることは出来ましたが現在のシステムではパークインしたものの人気アトラクションには絶対に乗れないのです。

例えば遠方で何も知らずに東京ディズニーリゾートをパークインしたアトラクション乗りたい盛りのお子様を連れたご家族様はソアリンを目当てで来たのに絶対に乗れないとガッカリすることになるのです。

先々月、関東住の私は家族でUSJに行きました。土日の連泊で行ったのですが1日目に2つのエリアに入れて7つのアトラクションが体験できるパスを購入して1日目はUSJを効率よく回り満喫し、2日目はのんびりパーク内を巡回し2日間を楽しみました。

18,000円しましたが、我が家はなかなか行くこともできないので購入を決めました。

↑↑↑2エリア 7アトラクションで1つあたり2,000円ですね。子供2名含めた家族4人で合計72,000円

聞こえが悪いですが時間をお金で買うような形で満喫することが出来ました。

長時間並べば人気のアトラクションも乗れると思うのですが、仮にこのパスを買わなかったとしてアトラクションに1日3個、2日合計で6つしか乗れなかっただろう、更にゆっくりパークを歩くことも食事を楽しむことも出来なかったと思います。

結果じゅうぶんにパークを楽しめたと思っています。

ある一定数はこのような考えの人もいると思いますのでディズニー・プレミアアクセスの需要は確実にあると思います。

私的にディズニー・プレミアアクセスは高いとは思いません。

上海ディズニーランドディズニー・プレミアアクセス1枚150元(変わっていたらゴメンナサイ)2022年5月13日現在は1元=19円ですので1枚2,850円になります。

ディズニーランド・パリのディズニー・プレミアアクセスは8~15€(ユーロ)で2022年5月13日現在は1€=134円ですので1枚1,072~2,010円になります。

上海のディズニー・プレミアアクセスよりも安く、パリと同じくらいなのです。

金額的な説明はこれくらいにして別の観点からアプローチするとこれまでパークに来てもソアリンには乗れない現象を解消できるのは大きな功績だと思っています。

なぜファストパス有料化に

海外のディズニーパークもファストパスは有料で販売している状況で東京ディズニーリゾートでもそうなるんではないかと以前からささやかれていました。

世の中には需要と供給という言葉があります。

需要が多すぎるから供給が足りなくなる。←これを東京ディズニーリゾートに置き換えるとソアリンが楽しすぎるからスタンバイに並ぶ人が多すぎてパンクする(乗れない人が発生する)

↑↑↑この問題を解決するためには需要に制限(負荷?)を設けないとなりません(供給を減らすわけにはいかないので)

それでは制限(負荷?)とは何? →

  • ソアリンを楽しむためには長時間並ばないと乗れない
  • ソアリンを楽しむためにお金を払う→有料化
  • ソアリンをつまらなくする(これは絶対に無いでしょう)

こう考えるのが答えなのではないのでしょうか?

今回のように確実に乗れる権利を限定数量で販売すれば「どうしても乗りたいのに乗れない」を解消でき、無料で並べば待つけど確実に乗れる。

企業として売り上げも上がるし、ゲストの乗れない不満も解決できる一番いい着地点なのではないかと思います。

テーマパークという呼び方は東京ディズニーランドが初めでした。

東京ディズニーランドはディズニーをテーマに作られた観光地のことであり、遊園地とは少し違います。

国内の遊園地では入園料とは別にアトラクション利用料がかかります。

当然、遊園地の入園料は東京ディズニーリゾートの入園料とは大きく金額が違いますが、東京ディズニーリゾートの場合は多くのディズニーのライセンスを支払いパーク内に相当なディズニーの装飾物を作りこまれています。

遊園地はライセンス料の無いオリジナルのキャラクターを作り、園内はオリジナルコンテンツの建築物や設備でそれに対してのライセンス料はかかりません。園内の従業員も東京ディズニーリゾートレベルの教育もされていないので(言い方が悪くてすみません)入園料自体はそこまで高くはないと思います。そしてアトラクションは別料金。

つまり何が言いたいかというと東京ディズニーリゾートは徹底したクオリティを追及しているので経費がかかっています。入園料が高いのはそのため。人気のアトラクションならば有料でも仕方のない手段ではないでしょうか?

→収益増加だし混雑緩和にもなるし

今後も対象アトラクションは増えていく?

ディズニー・プレミアアクセス対象の施設は増えていくのか?

今回の発表ではディズニー・プレミアアクセスの対象施設は東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでひとつづつのアトラクションでしたが、公式で発表された注意書きでは、別の施設を同時に購入できない旨が記されています。

今現在別の施設は存在しないので将来、複数施設が存在することを想定して作成された注意書きだと解釈できるので今後増えていく計画なのだと思います。

ディズニープレミアアクセスは高い?とうとう発表の有料ファストパス まとめ

  • ディズニー・プレミアアクセスとは以前導入されていたのファストパスの有料版のようなもの
  • ディズニー・プレミアアクセスは1枚2,000円
  • ディズニー・プレミアアクセスは入園パス1枚につき1枚購入可能、消費すれば再び購入可能
  • ディズニー・プレミアアクセス利用可能施設は美女と野獣”魔法のものがたり”とソアリン:ファンタスティック・フライト
  • 購入は東京ディズニーリゾート・アプリもしくはパーク内のゲストサービス

ディズニー・プレミアアクセスのメリット

  • 待ち時間を長く待たずにアトラクションを楽しめる
  • 今後パークインしてアトラクションに乗れないってことが無くなる
  • 時間帯を選択できるので予定が立てやすい

ディズニー・プレミアアクセスのデメリット

  • サービスが有料(2,000円)
  • 東京ディズニーリゾート・アプリとクレジットカードが無いとメインストリートハウスかゲストリレーションで購入となるため購入するのに手間がかかる

両パークでは、1 日当たりの入園者数上限を新型コロナウイルス
感染症流行前よりも引き下げ、快適なパーク環境を目指した運営を
してまいります。今後も多様化するゲストニーズに柔軟にお応え
できる施策を導入し、体験価値の向上に取り組んでまいります。

引用:OLC公式HP「ディズニー・プレミアアクセス」導入決定のお知らせ

OLC発表の「ディズニー・プレミアアクセス」導入決定のお知らせによると

1日の入園者数上限の引き下げは現段階混みすぎたパークの緩和を下げる一つの手段としてこのディズニー・プレミアアクセスの導入を決めました。

舞浜常連の方はパークのルールや条件を詳しく知り、目的のアトラクションやショーを無駄なく体験をすることが出来ますが大半のゲストはルールや条件を知らずにショーも遠い場所でしか見ることが出来ない、アトラクションはどうあがいても乗ることは出来ないってことになる人は大勢いると思います。

東京ディズニーリゾートは先ほど話した需要と供給のバランスが取れておらずゲストは多いけど受け入れる体制が整っておりません。

(アトラクションに乗れないゲストいるってことは需要が多すぎってこと)

あまりにも体験価値が高すぎるのでファンが増えるのであり、当然体験価値が高ければそれに対し価格が上がるのは当然の流れであり、価格が上がりゲストが減るのは需要と供給のバランスが取れ始めていることなのだと思います。

ある程度の人数に制限することでパーク内が快適に楽しめるようになるのであればそれこそ適正な入場者数で適正な価格なのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらこちらもお読みください。

スペースマウンテンが2024年にクローズ 2027年リニューアルオープン どう変わる?スペースマウンテンがリニューアルオープン 東京ディズニーランドのトゥモローランドにある現在運航中のスペースマウンテンがクローズすること...
クリスタルスフィア次の再販日は2022年3月7日(月)から東京ディズニーシーの周年イベントグッズのアクアスフィア 12月1,2,3日に再販売をし、販売中止をしていた人気商品のアクアスフィアです...
ファンダフルディズニー値上げ発表!今後の年会費や特典はどうなる?ファンダフルディズニーが値上げを発表 2022年2月よりファンフルディズニーのリニューアルに伴い、会費の値上げが発表されました。 ...
新キャラダッフィーフレンズ リーナベル登場 東京ディズニーシーに2022年秋ごろ登場!?先行して上海ディズニーから 東京ディズニーシーに新キャラのきつね?新しいダッフィー&フレンズが登場します!! 新キャラとして登場するダフフレ7番目にあ...
実写映画ジャングルクルーズを見ることが出来る動画配信サービス 無料で見ることもできる!?2021年公開された実写映画「ジャングル・クルーズ」が続々と動画配信サービスにラインナップされました。 映画「ジャングル・クルーズ」は...

 ディズニー映画を見るならDisney+ (ディズニープラス)

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です