いまさら聞けないディズニーのこと
DIYやガジェットとおでかけ
DIY

目隠しガラスにしてのメリット・デメリット・使用感は?

Pocket

プライバシーガラスと言えば自動車の窓を連想する方がほとんどだと思いますが、家の窓ガラスもプライバシーを隠すためにフィルムを貼ることがあります。

先日、表通りが見える窓を外から見えなくなるようにしました。

以前は、外からはキッチンの中が丸見え。

↑内側から外を見ると丸見え

 

通行人に一般家庭の食卓を見られるのも嫌だし、当然通行人も気まずいと思う。

そんな時に明かりも取れるいい品物があったのでここで伝えたいと思います。

プライバシーガラスにする理由は?

●外から家の中の様子が丸見えだから見えなくなるようにしたい

●日差しが強いのでUVカットが必要

●断熱、遮熱効果のあるガラスにしたい。

●見た目をおしゃれにしたい

等、あると思います。

特に通行人と目が合うことはとても気まずいもの。

なるべくこちらの様子を見られたくないですね。

目隠しに窓ガラスにする様々な方法

●すりガラス調にする

●ステンドガラス調にする

●ドット調にする

などの方法があります。

小さな窓ならステンドグラスはとても映えると思います。

うちが貼る予定の窓ガラスはとても大きく事業的な引き戸だったので見た目がおとなしいすりガラスにしました。

目隠しシートを貼ったメリット・デメリット

●レースカーテンが必要なくなった。

●外界からの視線をもらうことなく快適に過ごせるようになった。

●部屋が明るくなった。

などです。

まとめ

この目隠しシートを貼りつけて外の視線を感じることが無くなったのでとても快適に過ごせています。

まだ、夏を迎えてないので遮熱等の効果はわかりませんがレビューなどを見るとある一定の効果はあるようです。

貼ってよかった一品です。