switchのコントローラー(Joy-Con)が勝手に動く不具合を自分で修理する。

switchコントローラの不具合症状

任天堂switchのコントローラーが壊れました。

症状はコントロールレバーを触っていないのに勝手に動いてしまうというもの。

この画面はswitchのHOMEメニューの設定からコントローラーとセンサースティックの補正を選択すると出てきます。

以前にも、この症状が発生してすでに2つのコントローラーを修理しています。

そしてこの緑と赤のコントローラーもその症状に陥っているので結構頻繁にこの症状になってしまうんでしょう。

恐らくたくさんの人たちがこの症状をしているものだと思います。

壊れたから買い換えとか考えたら

普通に8,000以上かかってしまいます。

前回はちょうど新しい色が欲しかったから買い換えようと思って購入したものの、今回またそのジョイコンも故障してしまった・・・

これはもう手が出ない。

ちなみに修理は1つ2,200円

2本で4,400円。しかも修理には何日か日数もかかります。

現在は学校が休みで毎日家に引きこもりの子供たちなのでswitchが使えないとやることがないとうるさいので自分で修理してみようと思います。

スポンサーリンク

switchコントローラーの部品調達

まずはSwitchのコントローラー部品の調達から。

分解にはY字ドライバーと2.0ドライバーが必要になります。

ドライバーを持っていない場合は部品とセットになっているものを購入するか、単品で購入するほかないと思います。

部品には当たり外れがあるので祈るしかないですね。レビューを見ても頻繁に壊れるので何度も購入している人がたくさんいるようです。

これ以外にも本体に傷をつけずに開くためのピック(プラスチックのヘラ等)や小さいネジをつかむピンセット等があれば便利です。

↓これはピンセットやヘラもついていていいですね!

部品だけで済めばジョイコン2個で700円程度で修理できてしまいます。

スポンサーリンク

それでは修理開始!

ジョイコンの裏を見ると4つのネジがあります。

このネジをY字ドライバーで抜きます。

ジョイコンの継ぎ目にヘラか何か傷のつかないものを差し込み、全周を少しずつ開く。

開いたときに配線ケーブルをちぎらないように気をつけて下さい。

ジョイコンのバッテリーは両面テープで本体にくっついているのでこれを優しくヘラではがします。

バッテリーを変形させてしまうと発火の恐れがあります。気を付けて!

3つのネジを+ドライバーで外します。

これでコントローラーにアクセスできるようになりました。

コントローラー部品を取り外すにはコントローラーのコネクタとコントローラーを外すネジの上を走っているケーブルを抜きます。

このケーブルを抜くためにはコネクターロックを解かなければなしません。

上の黒いコネクタはラッチを右から左へ起こす、下のグレーのコネクタは左から右へ起こします。

すると簡単にケーブルが抜けるようにまります。

ケーブルを取り外せたらコントローラー部品本体を基盤から外します。

2本のネジで固定されているのでそれを外します。

取り外したら新しいコントローラー部品を組み込んで今外した2本のネジで固定し、2本のケーブルを接続します。

外した2本のケーブルを差し込みコネクターラッチを倒して元に戻ったら、動作テストをします。

中心に点が来れば正常です。

念のためスティックも倒したりして確認ておきましょう。

正常に動くことが確認出来たら今の工程を戻って組み立てて完了です。

スポンサーリンク

まとめ

メーカー修理をして確実に直すのが間違いないのですけど修理代金や修理の手続き、修理している期間はそれが使えない時間が発生するということを踏まえ自分にとってどの選択がベストなのかを考えてから行動することをお勧めします。

私は自分で修理すれば短期間でコストもかけることもなく、また故障するだろうと思ったのでその度に修理すればいいと思ったので行動しました。

自分で直すとメーカーの保証の対象から外されてしまう可能性がありますので自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク