2020年4月より東京ディズニーリゾートパークチケットの値上げ!?大人8,200円から

昨年10月、東京ディズニーリゾートでは消費増税に合わせ。東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーのパークチケットを値上げしたばかりですが、30日とうきゅディズニーリゾートの運営元であるオリエンタルランドよりで2020年4月よりまた値上げされることが発表されました。

30日は朝よりSNSでは話題になり悲鳴が上がっています。

デーパスポートの大人は700円上がり、前回10月の100円アップより大幅な値上げとなっています。

また、新しい券種の発売も追加されています。

スポンサーリンク

パークチケット新旧価格比較

現在の価格 改定後の価格
券種
大人 中人 小人 大人 中人 小人
ワンデーパスポート 7,500 6,800 4,900 8,200 6,900 4,900
シニアパスポート 6,800 7,600
スターライトパスポート 5,500 4,800 3,600 6,000 5,100 3,600
アフター6パスポート 4,300 4,300 4,300 4,700 4,700 4,700
2デーパスポート 13,400 11,800 8,800 14,800 12,600 8,800
3デーマジックパスポート 18,100 15,800 11,800 19,800 16,800 11,800
4デーマジックパスポート 22,800 19,800 14,800 24,800 21,000 14,800
大人/中人 小人 シニア 大人/中人 小人 シニア
2パーク年間パスポート 91,000 57,000 76,000 99,000 57,000 85,000
TDL年間パスポート 62,000 40,000 62,000 68,000 40,000 62,000
TDS年間パスポート 62,000 40,000 52,000 68,000 40,000 58,000

新しく追加されたチケット

障がいのある方がご利用いただけるチケット

大人 6,600円  中人 5,500円 小人 3,900円

スポンサーリンク

今回の値上げに関する新しい点

スポンサーリンク

小人は値段据え置き

大人と中人のチケットは大きく値上げされたのですが小人の値上げは先送りしたようです。

理由は下記のように発表されています。

4 歳から小学生のお子様がご利用いただける個人向けチケットの小人価格は据え置きます。東京ディズニーリゾート®は、あらゆる世代の人々が一緒になって楽しむことができる“ファミリー・エンターテイメント”を目指しており、幼少期からご家族でご来園いただくことで、素敵な思い出を創っていきたいと考えています。

記事リンク

家族で東京ディズニーリゾートに行くのに夫婦で700円+700円で合計1,400円も上がっているうえに子供の料金も上乗せされたら大きな負担になります。

今回の値上げは家族にとって優しく配慮された気遣いを感じます。

障がいのある方がご利用いただけるチケットが導入された

新しい券種として障がいのある方に向けたチケットが増えました。

これまで障がいのある方も健常者と同じ料金で販売していましたがこのチケットは6,600円で大人のワンデーチケット8,800円より1,600円お安くなっています。

障がいのある方向けのチケットは同伴の人も購入することが出来ます。

購入できる場所も自動券売機を除くあらゆる場所で購入できるので特別どこかに買いに行くなんてことは無いので難しくありません。

詳しくは下記リンク

障がいのある方向けのチケット導入

スポンサーリンク

今回の値上げの理由

まとめ

かなり大幅アップの発表となりました。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは新エリアも開発され結構な経費も加算しこのままの入園料ではいかないだろうなと思っていましたがやはりなと感じた人も少なくないと思います。

オリエンタルランドも値上げしたからと言っても「じゃあ行かない!」なんてゲストも少ないと見越しているでしょうね。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク