HP社製Z400に48GBメモリを搭載したら起動しなかった話

先日メルカリにてHP製Z400と呼ばれるPCを2万円で買いました。

買ったPCには今では珍しく8GBのメモリを搭載ってことで、物足りなさを感じ増設して使おうプロジェクトのお話です。

ワークステーションPCなのでECCメモリの仕様で通常のECC無しのメモリでは動作しないのでECCメモリを用意し、最大の48GBの搭載を挑戦したいと思います。

ネタバレしますが最終的には動作しなかったのですが、それまでのいきさつと行動したことをここに記しておこうかと思います。

スポンサーリンク

HP Z400(Zシリーズ)とは?

HP Z400 ワークステーションは革新的な新しいアーキテクチャを採用し、マルチタスキングの定義を塗り替えるパワーを備えています。時間も投資も無駄にせず、生産性の向上に貢献できるのが HP Z400 ワークステーションです。

HP公式ホームページより抜粋

CPUにはIntel製Xeonを搭載しサーバーやゲーム、CAD、動画編集など様々なシチュエーションを安定して作業できるワークステーションで幅広い拡張性を持っているパソコンです。

今回購入したPC構成

Windows10 pro 64bitインストール済み

CPU Intel Xeon X5675  (6コア12スレッド 3.06~3.46Ghz 12Mcash)

メモリ DDR38MB

SSD 120GB

HDD 500GB

グラフィックボード GT660(DVI,HDMI,DPポート)

DVDマルチ

電源475W

とのことでした。

なかなか自分が使う用途では十分なスペックです。

ゴリゴリのゲームをするわけではなく少々の動画編集とAndroidのエミュレーターを3個ほど動かせればいいかなと思います。

ちなみにこの後2万円におまけしてもらいました。

この価格ならお値打ち品ですね。

このパソコンにメモリを搭載するにあたり参考にしたのが海外で販売されていたZ400。

そこで販売されていたものはこのPCと思われるスペックにメモリが48GB搭載されているものです。

これだけメモリを積んだパソコンで動画編集をしたらどれだけサクサク編集できるんだろうとワクワクし夢が膨らみました。

マザーボードに搭載している6レーンのメモリスロットを1枚当たり8GBメモリで6枚埋めれば総メモリで48GBになる。

HPのホームページからECC付きのメモリで起動することも確認。(ECCメモリじゃないと起動しない?)

このページを見ると4GBのメモリまでしか認識しないとのことを確認できますが、上記のAmazonで販売された商品を見ると48GBのメモリを搭載しているものなのでやってみる価値はあるのかと思い、DDR3 8GB×6枚をを探しに再びメルカリに。

スポンサーリンク

購入したメモリはサーバー用8GB×6枚

実際に購入したメモリはこれ

メーカー記載の対応メモリはDDR3-1333(PC3-10600)でしたが速度の少し速いDDR3-1600(PC3-12800)。でも早い分には多分なく認識すると思います。

では電源を抜いてある状態で現在搭載されているメモリを取り外し、セオリーを無視していきなり全装着。

そしてスイッチオーン!!

・・・

ピーーーーーーッ!

ピーーーーーーッ!

ピーーーーーーッ!

ピーーーーーーッ!

ピーーーーーーッ!

ピーーーーーーッ!

こ、これは・・・

メモリーエラーの音?

メモリーエラーのときは3回連続のビープ音が断続します。

今回もメモリを交換してエラーを起こしているので間違いないですね。

スポンサーリンク

8GBメモリを1枚さして起動してみる(最小構成)

気を取り直して1枚刺してみます。

スロットは1レーン2レーン3レーンとあるので念のため1レーン目のところに1枚刺してスイッチを入れたが同じくビープ音が鳴り起動せず。

逆に3レーン目に刺してもダ。メ

デュアルじゃないとダメなのかと思い1レーンに2枚対にしてスイッチを入れてもダメ。

結局のところ8GBのECC付きのメモリでの起動はNGでした。

怪しいのは転送速度かメモリ容量ですかね。

(買ったメモリがメルカリの中古品なので元から故障ってことも考えられるけど)

試しにECC無しのメモリを装着してみる

元々買ったときに装着していたメモリは2GB×4枚でしたがこちらのメモリを見てみると間違いなくECC付き。

PC3-10600E

速度の最後のEの文字はECC有りのことを記しています。

ここに手持ちで余っていた

DDR3-4GB (PC3-10600U) × 2

どこかでECCメモリで起動するのPCECC無しのメモリでも動作する記事を見かけたことがあるのでこのメモリを使ってそれを試してみることにします。

搭載メモリは

DDR3-2GB (PC3-10600E) × 4

DDR3-4GB (PC3-10600U) × 2

合計で16GBの容量です。

試しに起動してみたところこの構成で起動してみたところ見事に無事に起動しました。

Z400はECC無しのメモリでも起動できる!!

起動時にエラーの音も出ず、特に不具合も無くすんなり起動しました。

コントロールパネル、システムを開いてもキチンと16GBを認識しています。

まとめ

今回はHP製Z400のXeon X5675モデルで挑戦したパソコンはDDR3-1600 8GB(PC3-12800)のメモリでは起動時にメモリーエラーを起こし動作しませんでした。

しかしECC有りのパソコンにECC無しのメモリを搭載しても問題なく起動することがわかりました。

今回のメモリの相性が良くたまたま起動した事例かもしれませんがECCメモリにこだわらなくてもいいことがわかり、今後の実験につながる第一歩になりました。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク