10月より東京ディズニーリゾートパークチケットの値上げ!?

ディズニーハロウィンが始まり好調な東京ディズニーランド、東京ディズニーシー。

そんな中パークチケットの値上げが発表されました。

2019年10月の消費増税に伴い、ワンデー入園パスポートの値段はこれまでの7,400円から7,500円に。

その他、チケットも変更になります。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

パークチケット新旧価格比較

現在の価格 改定後の価格
券種
大人 中人 小人 大人 中人 小人
ワンデーパスポート 7,400 6,400 4,800 7,500 6,800 4,900
シニアパスポート 6,700 6,800
スターライトパスポート 5,400 4,700 3,500 5,500 4,800 3,600
アフター6パスポート 4,200 4,200 4,200 4,300 4,300 4,300
2デーパスポート 13,200 11,600 8,600 13,400 11,800 8,800
3デーマジックパスポート 17,800 15,500 11,500 18,100 15,800 11,800
4デーマジックパスポート 22,400 19,400 14,400 22,800 19,800 14,800
大人/中人 小人 シニア 大人/中人 小人 シニア
2パーク年間パスポート 89,000 56,000 75,000 91,000 57,000 76,000
TDL年間パスポート 61,000 39,000 51,000 62,000 40,000 62,000
TDS年間パスポート 61,000 39,000 51,000 62,000 40,000 51,000

USJのチケット料金

一方、USJのパークチケット料金は現在、1デイ・スタジオ・パスが大人7,400~8,900円子供5,100~6,100円になっています。

ユニバーサススタジオジャパンも2019年12月からはチケットの値上げが予定されており、大人の1デイ・スタジオ・パスが最大9,200円子供6,300円になるとされています。

値上げの幅は1日楽しめるパスポートで比較するとTDRより大きいようですね。

チケット値上げに対するSNSの声

増税前にパークチケットを買っておくのも一つの節約方法ですね。

値上げにより質の悪いゲストが減ることはいいことだと思います。

しかし100円の値上げではそれほど影響はない気もします。

これは結構怖いですね。2020年にオリンピックも控えていることですので今後の値上げがとても心配です。

本当にディズニーが好きな人は多少の値上げでも行きたい気持ちは変わらないと思います。

そのような人たちにとっては今回の値上げはほとんど影響のないものだと思われます。

何十枚も買い置きするなら家計に影響するかもしれないですが今後の予定なので買い置きはそれほど重要なものではないかもしれません。


パーク内で販売されている飲食物は基本、パーク内で消費することになっているので持ち帰りすることは想定されていないのでしょうね。

まとめ

東京ディズニーリゾートの1日のチケット料金で考えると100円ほどの値上げだったので大きな影響を与えるものではなかったので安心ですね。

2020年のオリンピックに向けて更なる便乗値上げにはならなくてよかったです。

スポンサーリンク
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。
もし記事がよかったらシェアボタンをよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク